工場の取り組み

工場の取り組み
原材料検査
原材料は弊社の基準を満たしたサプライヤーから
購入しています。
購入後は入荷時や製造時に専任の検査員が検査を行い
品質の安定化を図る取り組みを、継続的に行っています。

GMP 管理
弊社のGMP基準や工場監査を利用して、
製造工程や商品の品質の維持管理を行っています。
この取り組みでは、
製造設備の衛生管理や従業員の健康管理を行い、
フードセーフティーの強化を図っています。

※Good Manufacturing Practice=適正製造基準

HACCP管理
弊社の商品はHACCPの考え方にしたがい、製造工程での品質リスクを排除するために、
重要な製造工程(重要管理点)の特定と、その管理方法を明確に定めています。
製造時の検査
使用原料や製造段階での商品は、専任の検査員による抜き取り検査等を行うとともに、
金属検出機やX線異物検出機、重量検査機等を用いて、全量検査が行われています。
トレーサビリティー管理
製造の記録・管理を体系的に行うことで、
原料から商品のトレースの仕組みを整備しています。
主要商品は「お問い合わせ番号」を掲載することにより、
速やかに製造記録の確認ができる仕組みとしています。
出荷検査
製造された商品は専任の検査員が、
官能検査や微生物検査を実施し、
その検査で合格となったものを出荷しています。
評価項目
  • 官能検査
  • 外観検査
  • 微生物検査 等
各パートでの「品質保証への取り組み」の詳細につきましては、こちらをご覧ください。