STAFFINTERVIEW

研究・開発系

研究・開発センター
開発第2グループ 米飯チーム

2014年入社
農学研究科修了

驚くほどの、美味しさを。

入社1年目に担当した業務用チーズリゾットの開発は今でも忘れられません。開発マーケティングのメンバーと一緒に目標とする味の参考としたレストランへ行き、リゾットの味を分解しながら食べて怪しまれたり、市販のレシピから情報収集したりしながら、工場生産できるように米の食感や味、作るときの水の量などを決めていきました。ただ、ラボではうまくいっても、実際のラインに流してみるとなかなか生産レベルには到達しません。たとえば、ある時はチーズが焦げ付いてしまい、製造機械の洗浄にかなりの手間がかかってしまいました。そこで、工場側で新商品の開発を支援する技術導入グループの人たちと打ち合わせを重ね、加熱する温度や具材を投入する順番などの工程をラボで見直しては工場でテストを行うという作業を何度も何度も繰り返しました。工場テストとなると原料も時間もかかってしまうため、入社1年目の私にはプレッシャーも大きかったですが、導入グループの方も最後まで一緒に考えてくださいましたし、当時のリーダーや先輩社員の方々からのアドバイスもあり、なんとか期限内に正解を見つけることができました。人と協力しながらモノづくりをすることの大切さ、得られる達成感の大きさは、今でも私の糧になっています。

失敗もチャンスも、糧にする。

初めてのプロジェクトが終わった時は、生き返ったような気分になりました(笑)。迷惑もかけましたが、今思えば、まだまだ知見も経験もない新人のうちに試行錯誤する経験ができてよかったと思います。実際、あの時の経験があるからこそ、その後トラブルが起こった時にもパニックにならずに対処できているのではないでしょうか。ただ、残念ながら業務用チーズリゾット自体は終売になってしまいました。味には自信がありましたが価格が高く、業務用として定着はしませんでしたね。必ずしも苦労したものが売れるわけではないというビジネスの厳しさも知りました。当時は目の前のことに精一杯でマーケッターから出てきたテーマを疑うこともありませんでしたが、今は入社5年目。テーマが妥当かどうか、一緒に考える意識に変わってきました。現在、担当しているのは、当社の主力商品の一つである『ザ★チャーハン』や『具だくさんエビピラフ』といった家庭用・業務用の冷凍米飯。正直、開発に対する要望も期待も大きいものばかりです。でも、だからこそ面白さも大きい。開発マーケティングのメンバーと工場の間に立って円滑に調整を行い、製品として再現できた際にはやりがいを感じます。ちなみに、3年目からは他グループの支援という形で唐揚げや春巻きなど、米飯以外にも様々な仕事内容も経験しました。たとえば、新しくグループ会社に加わったアメリカの冷凍食品企業を訪問し、商品の品質を上げるために味の素冷凍食品のノウハウが活かせないかどうか、現地の担当者と議論を重ねるような業務にも携わりました。嗜好性や文化が反映されることはあっても、食品を作る上では基本的にやることは変わらない、当社の技術力は世界でも十分に通用する可能性があると感じた瞬間です。

一日の生活

8:30~ 出社、メールチェック
9:00~ 打ち合わせorデスク作業、試作計量の依頼など
12:30~ 試作
16:00~ 片付けおよびデータのまとめ
17:00~ メール確認および明日の仕事確認
17:30~ 帰社

商品作りに携わっていたい。

就職活動を行う前はじつは、「冷凍食品」に良いイメージは持っていませんでした。ただ、企業研究などを行うなかで当社の『ギョーザ』を焼いて作ったところ、お世辞ではなくものすごく美味しかった。「最近の冷凍食品はこんなに美味しいのか」と、グッと引き寄せられました。そう思うと、あの時に食べた『ギョーザ』の驚きは、まだまだ私は生み出せていません。お客様はもちろん、食品業界全体が驚くような技術を兼ね備えた新製品の開発に携わることが、これからの目標です。入社当時は開発という立場にこだわっていましたが、いろいろな立場からのアプローチがあると知った今は、研究でも技術導入グループでも何かしらの形で商品づくりに携わっていければと思っています。また、リーダーを除くとチームのなかでは最も年次が高い立場になりました。1年目のプロジェクトで先輩方から、新人を育てていこうという優しさと、新人だからといって許されることではないという厳しさを教えていただいたように、後輩の指導にも力を入れていきたいですね。

会社の好きなところ

早くから成長につながる機会を作ってもらえるところです。
アメリカでの技術支援など世界規模の仕事は、若い年次で任せてもらえることではないと思います。

私の好きな冷凍食品

『大海老炒飯』ですね。私が開発した初めての家庭用商品だからです。
中華の有名な先生の味に近づけるのには苦労しましたが、思い出深い自慢の商品です。

目次へ

先頭へ