味の素冷凍食品の歩み

1972年3月 群馬工場(現関東工場)で産声をあげました。
1972年 「シューマイ」「ポテトコロッケ」「クリームコロッケ」「ギョーザ」「ハンバーグ」「エビグラタン」「チキングラタン」「エビのコキール」「仔牛のクリーム煮」「レーヤーキャベツ」「ピロシキ」「フレンチフライポテト」など、料理店で楽しむメニューから家庭の新しい食生活への提案として、12品が冷凍食品市場にデビュー。
1974年 「ポテトコロッケ」「シューマイ」「ハンバーグ」など、8種類のラインナップで業務用冷凍食品市場へ参入。チェーンレストラン・ファストフードや居酒屋チェーンなど、フードサービス激動の時代の風を受けながら、“おいしさ”のレパートリーを広げながら、プロ仕様の商品も提供してきました。
味の素冷凍食品(株)の気持ちを「ぎゅっと」つめこんだ商品づくりという考え方は、今日まで変わることはありません。
2000年 「味の素冷凍食品株式会社」誕生。
2000年 「味の素冷凍食品株式会社」が誕生し、「おいしさ ぎゅっと、家族を ぎゅっと」というスローガンのもと、新たな一歩を踏み出しました。
2002年 冷凍食品発売30周年を機に、一つひとつの素材を見つめ、消費者の信頼に応える商品を提供する―という思いをこめて、「おいしさは素材から。」の取り組みを始めました。
2008年 「新・安心品質」の取り組みを開始。
2008年 「素材」「プロセス管理」「情報」の3点を切り口に、品質向上と安心を追求した「新・安心品質」の取り組みを開始しました。
2009年 「暮らしのなかで必要な冷凍食品」という「新しい価値の創造」を目指して、「バリュークリエイト宣言」を発表、取り組んでいます。
1970年
12月味の素レストラン食品株式会社設立
1973年
9月味の素冷凍食品株式会社(四国)設立(現四国工場)
1977年
4月味の素冷凍食品株式会社(九州)設立(現九州工場)
12月味の素レストラン食品株式会社を
味の素冷凍食品株式会社(関東)に社名変更
1978年
11月冷凍食品JASを取得
1979年
10月味の素冷凍食品株式会社(中部)設立(現中部工場)
1990年
9月タイ味の素冷凍食品社設立
1993年
4月味の素冷凍食品株式会社(関東)と(中部)が合併
1995年
3月タイ味の素ベタグロ冷凍食品社設立
12月連雲港味の素如意食品社設立
1997年
4月味の素冷凍食品株式会社(関東・中部)(四国)(九州)の3社が合併して
味の素フレッシュフーズ株式会社に社名変更
2000年
6月アメリカ味の素冷凍食品社設立
10月味の素株式会社 冷凍食品事業と統合し、
味の素冷凍食品株式会社を設立
11月連雲港味の素冷凍食品社設立
2003年
4月株式会社フレックと合併
11月FFAインターナショナル株式会社設立
2004年
2月味の素ベタグロ・スペシャリティフーズ社を設立
4月アモイ味の素ライフ如意食品社を設立
6月全社でISO9001認証を取得
2005年
3月全社でISO14001認証を取得
2006年
1月アモイ・フード・グループをダノン・グループより事業取得
7月フレックデザート株式会社を設立
2007年
10月タイ味の素ベタグロ冷凍食品社の新工場稼働
2012年
11月タイ味の素冷凍食品社の新工場稼働
2013年
9月アモイ・フード社香港工場で生産開始
2014年
9月関東工場の新生産棟稼働
10月味の素Jawo社設立
2015年
4月味の素Jawo社新工場稼働
4月味の素東洋フローズンヌードル社設立