東北復興支援への取り組み

東北に元気を! 明日を耕すプロジェクト

TOPに戻る

2013年度プロジェクトレポート ザ・ピープル活動報告 皆様からご寄付いただいた支援金を使った、被災地での農業復興支援の様子をレポートとしてお伝えいたします。

2013年12月15日(日)福島県いわき市小名浜にて
「ザ・ピープル」の「いわきオーガニックコットンプロジェクト」におけるコットンの収穫を取材してきました。

津波被災地であるいわき市内の耕作放棄地などを活用し、オーガニックコットン栽培を進めるザ・ピープル。
この日は、「おてんとさんふぁーむ住吉」にて、たくさんのボランティアも参加し、コットンの収穫を実施しました。

持続的な事業としての自立をめざして。

「いわきオーガニックコットンプロジェクト」は、有機農法の綿花栽培からはじまり、紡績から製品製造、販売、購入、使用、リサイクルの循環システムを構築するプロジェクトです。耕作放棄地となっている土地を活用し、持続可能なオーガニック商品作物の栽培に取り組んでいます。


2013年は市内30カ所でコットンの栽培をし、2012年に比べて2倍の広がりをみせました。収穫も、昨年度は300kgだったのが、今年は約2倍の600kgを見込んでいます。「単純に面積を広げたということもありますが、スタッフの栽培技術が向上したこと、気候がとても良かったことが収穫量アップにつながりました」と話すのは、理事長の吉田さん。綿の質も昨年に比べてとても良いと話します。
収穫されたオーガニックコットンは、「フクシマオーガニックコットンベイブ」という人形やハンカチ、Tシャツなどとして商品化しています。「私たちが栽培しているのは繊維長が短い日本古来の在来種。これにアメリカのオーガニックコットンを95%ミックスして生地に仕上げ、Tシャツにしています。すべての工程は日本国内で行い、中でも縫製は県内の田村町にお願いしています」。取材日には、「このTシャツを肌着として着たら、肌のアレルギーが緩和した」という嬉しい声もあり、生産者の誇りと高い品質が何よりの魅力です。
福島の農家や市民、学校のこどもたち、多くのボランティアの方々が、種から育て収穫し仕立てたコットンのTシャツは、福島に持続的な新しい仕事を生み出そうとしています。「今後は、農家さんに耕作放棄地となった土地をまた新たに活用してもらうことを望みます。そのためにコットンプロジェクトの事業性を確立、しっかり自立できるように進めていきたいと思います。また、栽培地によって品質に差がでないよう、栽培の技術をより高めたいですね」。

特定非営利活動法人ザ・ピープル 理事長 吉田 恵美子 様

特定非営利活動法人
ザ・ピープル
理事長 吉田 恵美子 様

フクシマオーガニックコットン ブランドのTシャツ

フクシマオーガニックコットン ブランドのTシャツ

地域の希望を紡ぐ活動として。

「ここの仮設住宅に入居しているのは楢葉町の人々。オーガニックコットンプロジェクトに携わりはじめて、今年で2年目になります」。お話を伺ったのは、いわき市小名浜林城にある仮設住宅自治会長の猪狩さん。このプロジェクトには仮設住宅のおかあさん方約20名が参加しているそう。
「一緒に作業を進めることで、地域住民との交流が増えました。他の地域から来た仮設住宅の住民の中には、地域の人々とうまく馴染めない方もいらっしゃったのですが、そういった問題をスムーズに解決できたように思います。また、このプロジェクトに参加する事が『生きる力』となり、やりがいにつながっているようです。今後もこうした活動を積極的に継続していきたいですね」。
いわきの農業復興・再生に向けてはじまった復興プロジェクト。いまでは、地域のさまざまな思いや希望を紡ぐ、尊い活動につながっているようです。

林城仮設 自治会長 猪狩 政文 様

林城仮設 自治会長
猪狩 政文 様

綿の温かみを肌で感じました。

枯れて見えても綿花は満開

枯れて見えても綿花は満開

手摘みで丁寧に集めます

手摘みで丁寧に集めます

ゴミ取りが重要!

ゴミ取りが重要!

取材日当日は味の素冷凍食品の社員や楢葉町からの避難者の方々などが参加し、コットンの収穫作業を行いました。参加者からは、「綿を摘む気持ち良さ、綿の温かみを肌で感じました」「お手伝いした作業はわずかばかりですが、この活動を多くの人に伝えていくこともボランティアだと思います」という声も聞かれました。

お昼は仮設住宅のお母さんたちの手作りカレーと味の素冷凍食品の「ギョーザ」が振る舞われ、総勢50名以上の参加者と美味しくいただきました。2013年のコットン収穫作業もそろそろ終わりに近づいています。2014年以降も、ますますこのプロジェクトが活性化し、いわきの復興の一助となることを願います。

話にも花が咲きます

話にも花が咲きます

2013年度 支援先のご紹介
  • 特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター
  • 特定非営利活動法人 田んぼ
  • 特定非営利活動法人 ザ・ピープル