東北復興支援への取り組み

東北に元気を! 明日を耕すプロジェクト

TOPに戻る

東北に元気を!明日を耕すプロジェクト

~東日本大震災被災地の農業・酪農復興支援を実施~

味の素冷凍食品株式会社は、2011年より2015年まで、
「ギョーザ」製品(4品種)の売上に対し1袋あたり1円を、支援金として
東北地方の農業・酪農復興支援を行っている団体に寄付するプロジェクトを実施しました。

支援金は約86百万円で、震災により被害を受けている東北地方の
農業・酪農復興支援の一部として活用させていただきました。

味の素冷凍食品株式会社は、
「私たちは、冷凍食品事業を通じて『人と社会のしあわせ』づくりに貢献します」の企業理念に基づき、
東北地方の復興を支援します。

活動実績

5年間に行った寄付の概要は以下の通りです。

● 2015年度

【寄付金総額】
6,752,246円
【支援団体】
特定非営利活動法人 福島農業復興ネットワーク(FAR-Net)

● 2014年度

【寄付金総額】
7,349,900円
【支援団体】
特定非営利活動法人「がんばろう福島、農業者等の会」

● 2013年度

【寄付金総額】
22,269,000円
【支援団体】
特定非営利活動法人 ザ・ピープル
特定非営利活動法人 みやぎスマートアグリ
農事組合法人 クローバーズファーム

● 2012年度

【寄付金総額】
28,268,000円
【支援団体】
特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター
特定非営利活動法人 田んぼ
特定非営利活動法人 ザ・ピープル

● 2011年度

【寄付金総額】
21,257,000円
【支援団体】
特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター
特定非営利活動法人 遠野まごころネット
公益財団法人 日本財団
※同財団が選定した「特定非営利活動法人 農家のこせがれネットワーク」に、同財団を通じて助成を行いました。